eBuddy Messenger

eBuddy Messenger 4.2.2

ダウンロードは現在できません。プログラムが中止されたか、セキュリティ上の問題か、もしくは他の理由が原因の可能性があります。 代わりに以下のソフトウェアはいかがですか?

FacebookもWindows Liveも! 複数サービスを一括利用できるiPhone用インスタントメッセンジャー

eBuddy Messengerは、現在App Storeでのサービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。 完全な説明を見ます

賛成票

  • FacebookやWindows Liveメッセンジャー、Googleトークなど合計8つのサービスを同一のアプリでまとめて利用できる
  • iPhoneで操作しやすいように画面がデザインされている
  • ステータスバー(iPhone端末のホーム画面上部にあるタスクバー)にアプリを常駐させておける

反対票

  • 音声通話やビデオチャットには対応していない

良い
7

eBuddy Messengerは、現在App Storeでのサービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。

eBuddy Messengerは異なるIM(インスタントメッセージ)サービスのアカウントをまとめて扱えるインスタントメッセンジャーです。FacebookWindows LiveメッセンジャーGoogleトークなど複数サービスのアカウントを統合して同一アプリ上で利用できるのが特徴です。アプリを使い分けることなく、異なるIMサービスのユーザーとチャットを楽しむ事ができます。相手が使っているサービスに応じて、アプリを使い分けているという人におすすめのアプリです。

eBuddy Messengerの使用には専用アカウントが必要です。初回起動時に登録を行いましょう。登録後、画面上部の「Accounts」ボタンをタップし、使用しているメッセンジャーやSNSサービスのアカウント情報を登録します。eBuddy MessengerがサポートしているのはFacebookやWindows Liveメッセンジャー、Googleトーク、MySpaceなど合計8つのサービスです。登録したサービス上の相手の情報はメイン画面上に一覧表示されます。プロフィール画像と名前、オンライン/オフライン状況が表示されるので、今誰とチャットが出来るのかすぐに分かります。ユーザー名をタップするとチャット画面が開きメッセージを入力できます。タップやフリックで直感的に操作できるようなインターフェースにより、手軽に使いこなす事ができます。

eBuddy Messengerは、ステータスバー(iPhone端末のホーム画面上部にあるタスクバー)にアプリを常駐させておく事が可能です。メッセージの受信やチャットリクエストがステータスバーに表示されるので、他のアプリを使用していて着信を見逃してしまう事態を防ぐことができます。

残念ながら、eBuddy Messengerは音声通話やビデオチャットには対応していません。音声通話機能を良く利用する人には、類似アプリであるSkypeがおすすめです。

eBuddy Messengerは複数のメッセンジャーやSNSを、まとめて一つのアプリ上で利用できるiPhone向けインスタントメッセンジャーです。